ホーム>お酒を目で楽しむ方法

お酒を目で楽しむ方法

お酒を目で楽しむ方法

お酒を目で楽しむ方法

世界無形文化遺産にも登録されているフランス料理や和食は、味覚だけでなく視覚、つまり目でも楽しむ食文化と言われています。実はお酒も目でおいしさを楽しめるものの1つです。

季節に合わせた色合いのカクテル

女性の中にはバーでカクテルを嗜むのがお好きな方も多いです。鮮やかな彩りやトッピング、グラスの形など種類によって様々なカクテルがあります。目でお酒を楽しむことを考えるならば、ぜひ季節に合った色合いのカクテルをご注文になってみてはいかがでしょうか。例えば春ならパステルカラー、夏ならば爽やかな青や緑系統のカクテルといったように、季節に合わせた色のお酒は気分も盛り上げてくれるものです。岡山でもカクテルを広めようというイベントがありますので、お気に入りのバーと合わせてチェックしてみても面白いと思います。

同じ種類のお酒でも

一口にお酒と言ってもその種類や銘柄は多種多様です。例えば岡山はマスカットの産地としても知られていますが、ぶどうを使ったお酒と言えばワインです。色に注目してみると、赤ワインと白ワインでは全く違う色ですし、赤ワインの中でもスパークリングワインなのかロゼなのかによって色合いは変わってきます。さらに原料となるぶどうの品種によっても、メルローなのかカベルネ・ソーヴィニヨンなのか、マスカット・ベーリーAなのかによって微妙に違う色合いを楽しむことができるものです。

バーテンダーの動きにも

バーにお越しいただいた方の中には、カクテルを作る際のお馴染みの動作が面白いと言ってくださる方もいらっしゃいます。シェイカーを振る動作は確かにバーテンダーらしい動きで腕の見せ所でもあるので、喜んでいただけるのはとても嬉しいものです。隠れ家的なバーで、視覚だけでなく音でもバーの雰囲気を楽しむ方法の1つとして耳を澄ましてみても面白いかもしれません。

大変残念なことに岡山はおいしいお酒が多く作られている土地ながら、消費量は全国平均を下回っているそうです。当店は洋酒を取り扱っているバーですが、二次会やイベントといった機会をご活用いただいて舌・目・耳でも味わえるお酒の魅力を伝えられれば幸いです。