ホーム>バーテンダーについて

バーテンダーについて

バーテンダーについて

バーテンダーについて

こちらのページでは、バーテンダーについて記載したいと思います。
バーテンダーによって、ショットバーの雰囲気は様々です。岡山駅前の当店であれば、隠れ家的な雰囲気とおいしい料理による空間をご提供いたします。

バーテンダーになるためには、様々な方法があります。
まずは、バーテンダーになるための一般的なルートについてご紹介しましょう。

バーテンダーになるための一般的なルート

高校卒業後 → バーに勤務する
高校卒業後 → バーテンダー養成スクール → バーに勤務する
高校卒業後 → 大学・短大・専門学校 → バーに勤務する

となっています。バーテンダーはお酒が好きで、やる気があれば誰にでもなることのできる職業です。
必ず資格が必要という職業でもありませんので、経験を積むことが大切になってきます。

バーテンダーという言葉

次は、バーテンダーという言葉についてご紹介します。
バーテンダーという言葉は、バー(酒場)とテンダー(世話人など)という言葉が合体したものです。日本語訳すると「酒場を任された人」という意味になります。酒場を任された人という言葉の意味を考えながら、お客様と向き合うのがバーテンダーとしての役割なのです。

バーテンダーになるためのスキル

最後にバーテンダーになるためのスキルについてご紹介したいと思います。
バーテンダーとは、単にお酒が作れればいいというわけではありません。バーテンダーになるためには、様々なスキルを習得しなければならないのです。バーテンダーに必要なスキルは、お酒を作れることはもちろん、洞察力、コミュニケーション能力も大切になってきます。
バーに来店されるお客様の動機を見極めるのに必要なのが洞察力です。お客様の中には、ひとりでゆっくりお酒を楽しみたいお客様もいれば、バーテンダーとの会話を楽しみに来られるお客様もいます。それを瞬時に見極める必要があるのです。
バーテンダーとの会話を楽しみに来られるお客様も多いので、コミュニケーション能力も大切になってきます。話しの聞き役にまわり、適度な合いの手を入れる。それだけでは、一方的な会話になってしまうので、時には会話の主役になる必要もあります。コミュニケーション能力の高いバーテンダーがいるお店は、お客様も来店しやすくなります。

ショットバーにおいて、バーテンダーの役割はとても大切なものとなります。
岡山駅前の当店は、通いやすいショットバーを目指し日々努力しています。イベント・二次会のご予約も承っておりますので、ぜひご利用下さい。
ワイン・カクテルとおいしい料理による癒しのひと時を駅前ショットバーの当店でお過ごし下さい。