ホーム>スピリッツについて知ろう

スピリッツについて知ろう

スピリッツについて知ろう

皆さんは、カクテルがお好きですか。一言でカクテルといっても様々な種類がありますが、一般的に知られているのがスピリッツタイプでしょう。

こちらでは、スピリッツタイプに関することや4大スピリッツについて詳しくご紹介させていただきます。

スピリッツとはどんなお酒か

スピリッツとはどんなお酒か

お酒には「醸造酒・蒸留酒・混成酒」などがありますが、その中でスピリッツは蒸留酒のことを指します。ビールやワインよりも新しいお酒で、約11~12世紀頃に広く作られるようになったと言われています。

ウイスキーやブランデー、焼酎なども蒸留酒として知られていますが、世界の4大スピリッツとして認識されているのは以下の通りです。

ジン

大麦麦芽やトウモロコシなどの穀物を発酵・蒸留し、ジュニパーベリーを中心とした香味植物を加えて再蒸留して作られるお酒のことをいいます。もともとお酒として作られたのではなく、オランダのシルヴィウス博士により薬用酒として研究・開発されました。その後オランダ中で大人気となり、ポピュラーなお酒として飲まれるようになりました。

ラム

カリブ海の西インド諸島から生まれたお酒です。さとうきびの絞り汁を発酵・蒸留して作られます。英国海軍では、長い船旅によるビタミンC欠乏症を防ぐための御用酒として認定されています。様々なタイプのラムがありますが、ライト・ラムやホワイトラムなど、主に風味や色の濃淡により分類されます。

ウォッカ

トウモロコシや小麦などの穀類、ジャガイモなどのイモ類を発酵・蒸留し、白樺の活性炭でろ過して作られるクセのない味わいが特徴のお酒です。ロシア生まれのお酒で、かつては皇帝や上流階級だけが飲める特別なお酒でしたが、パリへ亡命した白系ロシア人により西欧から世界各地へと広まっていきました。クセがなく澄んだ水のように無色透明であるウォッカは、まさにカクテルベースとして相応しく、既存のカクテルベースがウォッカに変わったものも数多くあります。

テキーラ

ブルー・アガベ(竜舌欄)の茎を原料とし、蒸煮・圧搾・発酵して作られるメキシコ生まれの蒸留酒です。メキシコの地酒として飲まれ続けていましたが、1968年のメキシコオリンピックをきっかけに世界各地で飲まれるようになりました。
アルコール度数は40~50%ほどで、樽熟成させないシルバー・テキーラと、熟成させた淡黄色のゴールド・テキーラとに分類されます。

スピリットベースのカクテルを味わいたいという方は、ぜひショットバーでお楽しみ下さい。当店は岡山駅前近くにあるショットバーです。スピリットベースのカクテルのほか、様々な人気の種類のお酒も豊富に揃えています。
二次会イベントにも、どうぞご利用下さい。ご予約を承っています。ショットバーで楽しい時間をお過ごし下さい。
ご連絡をお待ちしています。